様々な効果

いろいろな効果

DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸になります。オメガ3系脂肪酸には、DHAの他にもEPAやαリノレン酸などが含まれます。DHAやEPAには、いろいろな効果をもっていることがわかっています。DHAの主な効果として、細胞をしなやかにすることや肝臓への悪玉コレステロールの取り込みがよくなるなどの効果があります。

副作用

DHAは血液をサラサラにする効果ももっており、老人性痴呆症の予防や改善、学習機能の向上や視覚低下の抑制、動脈硬化を防ぐことや高血圧の抑制、運動能力の向上などいろいろな効果があることがわかります。これらを取り入れる時には、サプリメントなどを利用することで簡単に取り入れることが可能です。

DHAは、食品に含まれている成分になるので、安心に利用することができます。しかし、過剰摂取をすると、吐き気や下痢などがあるので、使用上の注意を守って摂取することが必要になります。また、DHAやEPAは、血液をサラサラにする効果をもっています。そのため、怪我をすると、血が止まりにくくなることもあります。血栓を抑える薬を利用している場合には、医師と相談をしてサプリメントを利用するか判断することが必要になります。

DHAやEPAを取り入れる時には、サプリメントなどを見て決めることが必要になります。数多くのサプリメントが販売されており、各メーカーによって含まれておる成分量や価格などが異なります。そういったことを確認して見比べることが自分にあったサプリメントを選ぶことに必要になります。